五感で味わう急須?!「CHASTA (チャスタ)」でお茶を楽しんでみた!

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

お取り寄せ

こんにちは!ねろろろぐ。のねろでございます!

突然ですが私、最近家でお茶を淹れて飲み始めました

ねろ
ねろ

ほんとに突然だな。

それまでは市販で売っている、お湯を注ぐだけのパウダーやティーパックでお茶を飲んでいたのですが、新居に引っ越したのをきっかけに「なんか一息落ち着いてお茶を淹れて飲むような丁寧な暮らしがしたい」と閃き(?)、茶器の購入を検討!

とはいえ、茶器の扱いって難しそう…何よりも茶漉しの部分を洗うのがめんどくさそう(茶葉とか詰まりそう)という偏見を持ちながらネットサーフィンをしていたら、この茶器に一目惚れ!!!!!!!

五感で味わう急須「CHASTA (チャスタ)」です!

ねろ
ねろ

おしゃれな茶器!!!!

ということで今回は!五感で味わう急須「CHASTA (チャスタ)」の魅力をレポートしてきます!

スポンサーリンク

CHASTA (チャスタ)って何なの?

誰でも簡単にお茶を淹れることができる、さらにお茶を淹れる以外にも多くの用途がある次世代茶器のチャスタ。

「トライタン」だから軽い!

つるんとした可愛らしいフォルム、そして美しい透明度。実はこちらはガラスではなく「トライタン」という最新の合成樹脂「コポリエステル樹脂」でできた素材なのです。

ねろ
ねろ

とっても軽くてお茶が淹れやすいよ!

ガラスではないので落とした時に割れる心配もないのは嬉しい利点ですね。

左利きでも使いやすい

可愛らしい丸みの帯びたフォルム、そして通常の急須とは違う取手のないデザイン

実は取手がないことで左右どちら利き手でも使いやすいという利点があるのです。

さらにこの可愛らしい丸みを帯びたデザインのおかげで包み込むように持っても熱湯を入れた時の熱さを感じにくいように工夫されているのです。

コーヒーも淹れられる

チャスタのフィルターパーツを付け替えればコーヒーを淹れることもできてしまうんです!

お茶もコーヒーもどちらも好きな人にとっては嬉しいことこの上ない仕様ですね♪

スポンサーリンク

早速注文してみた!

今回私はチャスタ単体ではなく茶葉付きのセットを注文してみました。

▲楽天で注文したチャスタ到着!

▲ギフトセットなのでとても綺麗に梱包されております。

▲チャスタを箱から出してみました。

ねろ
ねろ

ガラスみたいな透明感が綺麗!

持ってみると手にしっくりと馴染むデザインであることがよく感じられました。

スポンサーリンク

チャスタでお茶を淹れてみるよ!

軽く洗ったので濡れてます

セットで買った五香 煎茶でお茶を淹れていきます!

お茶の深い緑が良い色〜

お湯を注ぎました。中の茶葉が見えるのが良いですね!乾燥して縮こまっていた茶葉が水を含んで大きくなるところを見ることができます。

お湯を注いで1分くらい待ったら湯呑みに注ぎます。

完成!

手軽に一人分のお茶ができました!

ねろ
ねろ

お茶の味もしっかりと美味しかったです

スポンサーリンク

チャスタの良い点・悪い点

良い点

・お手入れが簡単だから気軽にお茶を淹れたくなる

→まずこれが大きな利点です!お手入れが簡単なので日常の中で気軽に「お茶を淹れて飲もうかな…」という気分にさせてくれます。

・デザインがおしゃれ

→手に馴染むデザインであるため愛着が湧き、さらにクリアなデザインでお湯を注いだ茶葉が見えるので舌だけでなく目でもお茶を楽しむことができます

悪い点

・1〜2人用の急須なので大人数、またはたくさん飲みたい場合には向かない

→デザイン上これは仕方ないですね。2人分でも少なく感じるのでお一人用として使うのが良いかと思われます。

・お湯を注いで長時間放置しておくと熱くなる

→お湯を注いでから1〜3分ほどなら熱くないのですが、5〜10分ほど立ってしまうとチャスタ自体が熱く持ちにくい状態に。長く置きっぱなしにすることなくサッとカップにお茶を移しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

茶葉から入れたお茶は美味い。

深みや苦味やコク、これの合わさった旨さは茶葉から入れたお茶に勝るものはありませんね。

改めてチャスタが気づかせてくれました。

購入してから毎日夕飯の後にお茶を淹れて飲むというちょっぴり丁寧な生活を送っています。

チャスタは自分用にも良いですが家族や友人へのギフトにも最適だと思います。その場合はぜひ茶葉のついたセットがおすすめです。

▼チャスタのみ購入希望の方はこちら

皆様もチャスタで気軽にお茶を楽しんでみてはいかがでしょうか?

ねろ
ねろ

最後までご覧いただきありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました